蝋梅

我が家から車で20分の処に一級河川荒川が流れており、毎年この場所に白鳥が飛来します。 今年も既に数十羽が訪れていました。 この白鳥飛来地の入り口横を左に行くと、香りの良いロウバイが沢山植えられている場所があり、ここは色々な方々の記念樹として植えられたロウバイで、結婚記念日や出産祝いその他の祝い事で、其の方のお名前と植樹日の札が掛けられています。 昨年は正月七草を過ぎて行きましたが、今年は暖冬のせいかツボミも膨らんで、既に咲きかけているものさえ見られました。

今年も後一日を残すのみとなりました。 拙い 【趣味の園芸談話室】 にお越し戴き、嬉しいコメントを残して下さった方々、楽しいお付き合いに rick papa 感謝とお礼を心から申します。   また来年も何卒宜しくお願い致します。 新しい2008年が、皆様のご家庭ご家族に幸多き年になりますようお祈り致します。 

20071230181057.jpg


20071230181108.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/12/30 18:58 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(12)

チンゲンサイ

30個の黒ポットにチンゲンサイの余った種をバラ蒔きして、出た芽を間引きする予定でしたが、折角芽が出たものと1本残らず全部育て、いやいや苗にして植え付けましたら何とまぁ! 130本もあったのが11月29日の事でありました。  の写真が植え付けた当時です。

20071227180351.jpg

 の写真が約1ヶ月経過したチンゲンサイの様子で、寒さのせいで成育は遅いですが、順調に育っています。 これからは肉厚の葉で甘みも増して美味しくなります。 寒くなると葉物野菜は貴重ですよねぇ  今思えばとても面倒でしたが、捨てずに全部育てのが正解だったかな… なんて自己満足してま~す 
  
20071227180404.jpg

 帰り際にニンジンを抜いて来ました。 何の事は無いニンジンですが、同じ場所で4回栽培してやっとニンジンらしい形が出来、嬉しくて写真に撮っちゃいました。 ニンジンも大根も土が軟らかくないと真っ直ぐしたものが採れませんが、当初は短くて丸っこい形や二股のニンジンばかりでしたが、今回は20㌢以上に育った市販のニンジンに近くなりました。 それも100均で買った50円の種なんだよねぇ! 種明かしちゃった 
  

20071227180414.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
[ 2007/12/27 20:58 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(8)

ネギ道楽です

これからますます寒くなる季節には、煮て良し焼いて良しのネギは欠かせない野菜ですが、今日は我が菜園へ久し振りにネギの収穫に行って来ました。 初めて種からネギ苗を育て、やっと収穫に漕ぎ着けた1本ネギです。 成育中にもっと土寄せすれば、白い根の部分が長くなるのですが、自家用ネギでこれだけ出来れば自己満足であります。 本日娘達宅2軒にドッサリ配って来ても、まだ残り250本位植えてありますので、その都度必要な分ずつ抜きながら使っても、冬場のネギだけは八百屋要らずで~す。 

1本ネギ

 は先日知人から送って戴いた本場群馬県特産の 「下仁田ネギ」 で、このネギの太さにはビックリ します。 下仁田ネギは太くて短いのが特徴ですが、煮ても焼いても和え物にしても軟らかくて美味しさ抜群です。 このネギの味を一度知ると、絶対ネギファンになっちゃうほどこれが旨いんだなぁ  

下仁田ネギ


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ
[ 2007/12/25 17:40 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)

迷クイーン

何ともグロテスクなこの写真、謎の怪獣か得体の知れない新種の動物にも見えますが、今年我が家で収穫したじゃがいもで、メークインならず迷クインの新芽であります。 床下収納庫に保存してあった1個が箱から転げ落ち、隅の方で何時の間に芽が出ていたものです。 過去にもこんな経験が何度もありましたが、変な形で面白いのでアップして見ました。 シワシワになった親芋の栄養分を吸収しながら、こんな寒い時期にこれだけ芽を伸すじゃがいもの生命力とたくましさ、驚きと同時に感動すらありますねぇ… 

じゃがいもTop


にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/12/19 17:41 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(8)

腐葉土作り

腐葉土とは字の如く落ち葉を発酵分解させ土壌化させたもので、土に混ぜる事によって微生物の活性化を助け、土をふかふかにする役割もあり、園芸一般に多く利用される大変重宝なものです。 我が家では毎年12月になると、この腐葉土作りが恒例になっています。 幾等でもただで手に入る落ち葉ですが、作るのが面倒でこの時期が来るとつい億劫になり溜息がつい出てしまいます。 今年は新たに合板厚さ12mm(コンパネ)2枚を半分にして、4枚で枠組みし落ち葉入れを作りました。 実際に落ち葉を入れて踏み固めて行く内、何とこれが意外に容量的に大きい入れ物である事が後で分かりました。
 
腐葉土作り

 当初落ち葉なら何でも手当たり次第掻き集めて来ましたが、毎年作る内に腐り易い落ち葉腐りにくい落ち葉がある事も分かって来ました。 特にイチョウや松・杉は油分がある事から腐りにくい。 また桜の葉も防腐効果があるせいか、腐熟途中によい香りがするものの、なかなか腐り難い葉である事から、腐葉土作りに適さない事も分かりました。 その結果腐葉土を作る最高な落ち葉は、クヌギやコナラなど(ドングリ)の葉が適していると自己判断の結果であります。 特にクヌギ(オカメドングリ)の葉は、長くて厚みもあり出来た後も形が崩れにくい特徴があります。 良い腐葉土を作るならやはり自分で作ることですねぇ…

くぬぎとこなら

 は我が家から車で20分位の場所にある、小高い瓢箪型をした広い公園です。 普段はウォーキングや散歩する人意外はあまり見かけません。 桜の名所でもあり春になると賑わう処ですが、色々な雑木林に囲まれて野鳥観察も出来る静かな公園です。 そんな中でお好きな落ち葉を幾等でもお持ち帰り下さい… と言わんばかり吹き溜まりには落ち葉の山であります。 土嚢袋に目一杯欲張ってギュウギュウ詰めにしても… やはり枯れ葉だからねぇ… ガサばかりなんだよねぇ 

仙元山公園

 さて集めた落ち葉を水を掛けて掻き回し、米糠を振りかけてはまた落ち葉を入れ、交互に積み重ね踏み固めて行きます。 真ん中にある塩ビ管は空気穴で、発酵させるために真ん中を空洞にします。 上まで一杯になったら抜き取りま~す。

腐葉土水と米糠

 下の写真は12/14日までに落ち葉を入れた状況です。 上の写真にある土嚢袋で14袋分入れたものです。 後6袋入れれば満タンになるかなぁ? あと少し頑張ろう! 腐葉土って買えば高いはずだよねぇ… でも市販の腐葉土より全然品質はハイクラスだもんねぇ 

腐葉土D

にほんブログ村 花ブログ 市民農園へ  

[ 2007/12/16 22:29 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(17)