ポパイの好きなほうれん草

ホウレンソウは家庭菜園でも良く作られる野菜ですが、どうした事か我が菜園では、今迄に上手く育ったためしが無い    懲りずに今回で三回目の挑戦です。 ホウレンソウは特に酸性土壌を嫌いますから、スギナが元気に生えるような土地ではまず出来ない。 思い起こせばこの畑、スギナだらけの群生地でありました。 参考書を頼りに石灰を入れてそれなりに過去栽培したのですが、石灰の量をケチったのか… 何時もお隣さんの畑のようなホウレンソウが悔しいかな出来ない。 今回は1畦を念を入れて徹底的に土改良、深く掘り起こし堆肥に苦土石灰を丁寧にも3重に入れて見た。 その結果がこれだっ   

20071130161840.jpg

20071130161758.jpg

 聖護院ダイコンは何故か初心者の自分でも上手く出来る。 若干形は悪いがそこはご愛嬌   煮ても漬けても軟らかくて美味しい。 でも沢山採れて若干困ってるのも事実、旨くて保存出来る方法はないものか… 思案橋ブルースであります。 

20071130161742.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

[ 2007/11/30 16:59 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(16)

そら豆2本!

そら豆の栽培は初めての試みですが、エンドウやインゲンは既に栽培の経験済みです。 我が家では殆どがポットやトレーで苗作りをして来ました。 そら豆もその内ですが、100円均一で買い求めた写真の如き種で、一袋にたったの4粒でありました。 種を蒔いてからこれで約1ヶ月の苗になります。
 
20071128173441.jpg

 その内の2本が鳥に芽を摘まれて早くも沈没です  残った2ポットの現在がこれだぁ! そら豆の種がこれしかないので、他の種と抱き合わせで買い求めました。 たった2本の貴重なそら豆苗になりました。

20071128173412.jpg

 これは畑で植え残ったブロッコリーを菊鉢に植えたもので、邪魔物扱いされながらも立派に育ってます。 

20071128173354.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/11/28 18:07 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)

百目柿

百目柿 (百匁柿) は約375㌘から、百目柿と呼ばれるようになったと言われます。 柿の仲間でもかなり大きな実となりますが、意外に知られていないのもこの柿でしょう。 百目柿は 「不完全甘柿」 で、色付いても若干渋が残ります。 熟しても枝の場所に寄って甘かったり渋かったりする実であり、渋柿として焼酎付けや干し柿等に利用されるようです。 そんな事からあまり店先ではお目に掛かる事が少ない柿ですね。 

          百目柿Top

 柿は隔年結果で本来今年はお休みの年ですが、実生りが少ないせいで大きな実になりました。 写真は我が家の百目柿で、その半数が何と380㌘もあるような柿で、りんご級の重さがありました。

百目柿B

 下の写真は大きな柿だけを並べ撮りましたが、今年は全部で32個の収穫でした。 こんなに色付いても渋くて食べられません。 この後渋抜きのため焼酎に付けて保存してあります。 完全密閉して置くと約2週間程で渋が抜けて、渋が甘みに変わりそれはとても甘い柿に変身します。

百目柿C

 は百目柿と並んで植えてある 「次郎柿」 です。 この柿は完全甘柿で全く渋くはありませんが、良く木で熟させた方が甘みが増します。 しかし其の頃になると上手がいまして、次から次へと柿を突くヒヨドリやカラスが登場します。 甘くなるのをちゃんと知ってるんですねぇ…

次郎柿

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

[ 2007/11/23 12:40 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(8)

バケツで米作り2

今年の春JA全中・JAグループ主催、「バケツで稲づくり」 教材が抽選で当たりました。 勿論こんな経験は初めての事です。 5月初め種もみを水に浸し芽出しを行い、5/26日にポリの四角い容器に田土を入れ苗を植え付け、手順通りマニュアルに従って成育を楽しみながら孫と一緒に見て来ました。

20071119191357.jpg

 稲の生育は順調で9月末頃は稲穂が頭を垂れる程になって来ましたが、米粒がどう見てもやや小さいのに気が付きました。 成育途中の肥料の不足なのか他の原因か分かりませんが、まぁ~こんなもんかなぁ… 
10月初旬になって稲刈りをすませ、稲を10日程天日で乾燥させました。 

20071119191311.jpg

 さてここからが問題です。 良く乾燥させた稲穂を、茶碗を被せて "しごく" ように引っ張りますと、見事にモミだけがボリボリと稲から外れました。 集まったモミを今度はすり鉢に入れ、スリコギでゴリゴリ掻き回す内にもみ殻と中の米と分離して来ます。 ザルに出してはフゥフゥ吹いてはモミガラを吹き飛ばす。 何回した事やらかなり疲れる。 こうして出来た物が玄米になる訳で、まだこの続きがあると思うと気が重い。 いよいよ精米 (白米にする) になる訳ですが、適当なビンがない! 調味料用の酒を急いで呑んで4合ビンを空ける。 ビンの口に合うような米付き棒も無い! これも急遽裏に植えてある月桂樹の枝を切って作る。 何とか揃えて数日後いよいよ精米開始! 棒を上下にザックザク夫婦と孫で交代作業、暇を見ては3日間… 一体何時間この作業を繰り返した事だろう  戦後の食糧難の頃を思い出す。 翌日腕は痛いし肩は張る… 

20071119191254.jpg

 搗きあがってフルイで米とヌカに分けた物がコレだっ! ヌカも思ったほど出ない。 良く見ても余り変わりが無く、白米どころではな~い  未熟な青米も目立つし小粒で丸みも無~い! と思いつつも、初めての経験体験ですよぉ~これでえぇじないか… なんて自己満足してます。 

20071119191235.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/11/19 20:45 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(10)

さやえんどう苗

サヤエンドウの種は秋蒔きで、春先に収穫出来るよう10月末に黒ポットに種蒔きします。 畑に直に蒔きたいのですが、何せ我が菜園にはカラスとハトの団体さん一行が居りまして、種は掘るわ芽が出ても傍からついばんでしまいます。 そんな事から我が家では殆どの野菜苗作りは、自宅で用意するようになりました。 

20071116172936.jpg

 約1ヶ月半で写真のようなサヤエンドウの苗が出来ています。 苗の育ち具合を見ながら、畑へ移植は12月始めを予定しています。 昨年自分で採取した種(紫花・白花)を使いました。 発芽率100%でした。

20071116172924.jpg

 は種蒔き時期を同じくスナックエンドウとそら豆の苗です。 そら豆は種が大きく4粒植えましたが、その2粒が芽が出ると同時に鳥に摘まれてしまいました。 かろうじて2ポットが無事育ってます。 ついでに蒔いたスナップエンドウも順調な成育で初めての栽培です。 

20071116172906.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/11/17 11:36 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(14)