秋の野菜

ご覧のような田んぼのど真ん中に、昨年6月我が家に近い場所に畑(30坪)を借り、慣れない畑作業に当初は尻込みしておりました。  「野菜なんて買った方が楽で早いよ~」 と何度思ったかことか… 野菜栽培ド素人も色々挑戦する内に、徐々にその面白さが分かって来ました。 この地は元々田んぼだった場所柄、水を含むと粘土質で乾けば石のように硬くなり、スコップとくわだけでのろのろ人海戦術で耕すには悪戦苦闘でありました。 腐葉土やワラに堆肥等大量にすき込んでは耕しの繰り返しで、まだまだこれでも足りないな

20070930162421.jpg

 徐々に土の改良が見られるようになったこの秋、その甲斐もあってか根菜類も徐々に作れるようになりました。 昨年は青首大根を作りましたが、殆どが変な形のエロチック調の大根ばかりでしたねぇ。

20070930162437.jpg

 は種をポット蒔きして苗を作り、先日畑に植え付けたブロッコリーですが、 栽培が易しい野菜ですね。

dc092801.jpg

 人参は芽が出揃ってから、2回ほど間引きをした様子です。

dc092811.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ

[ 2007/09/30 17:42 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(8)

バケツで米栽培

秋の田んぼではそろそろ稲も黄ばみ、穂が頭を下げる光景を目にするようになりました。 市が主催で今年5月、バケツ米栽培体験キャンペーンとして、市民へ抽選により種モミが説明書付き教材用として送られました。 応募の結果我が家もバケツ米栽培に当選、種蒔きして苗を作り、プラスティックの箱に梅雨の頃植え付けたものがこれだ 稲刈りも間近になって来た。 これだけの穂からどのくらい米が出来るのでしょうか

20070928131836.jpg

20070928131847.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/09/28 13:49 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(8)

完熟りんご

りんご栽培を初めて25年の歳月が流れました。 りんごの栽培は冷涼で雨が少なく朝夕の寒暖の差がある場所が適地と言うけれど、凡そ我が地域はそんな条件には当てはまらない。 しかしそれなりにその条件に近付ける事は出来ます。 当初は失敗の連続でしたが、試行錯誤しながらの栽培が実って、ようやく毎年狭い我が家の庭で、熟したりんごを収穫出来るようになりました。 品種によって実は大きくなるものの、気候条件が合わず表皮が赤くならないものもありますが、自家製りんごとしては自己満足しています。 今回 レッドスパーデリシャス を取り上げてみました。 このりんごはどの地域でも赤くなるのが特色で、落果も少なく姿形甘みも申し分のない品種です。 平均300~350㌘くらいの手頃な大きさで、受粉後約120日前後の収穫になります。 

redsparTop.jpg

9月になって2週目頃、  写真にある 『Rickpapa』 の文字をセロテープにマジックペンで書き、ぴったり貼り付けて置きました。 何のことはない子供の頃遊んだいわゆる単純な日光写真の原理ですね。 写真は9/17日に撮ったものですが、大分りんご全体的に赤味が付いて来ました。 まだこの時点では皿の上のりんごのようになるのかどうか分かりません。
 
redsparTopB.jpg

今年の夏は暑かったので、例年より1週間個早い9/22日になって、木に生った全部のりんごを収穫しました。例のセロテープを剥がして見ると、くっきり  Rickpapaの文字が浮き出ています。 来年はもう少しましな絵柄や文字を貼って、恥ずかしくないりんご文字をお見せしたいですねぇ…  

redsparB.jpg

今年はこのりんごの木から、途中もぎ取りした分も含めて、約40個位の収穫がありました。 袋を掛けたまま取り外しが遅れたので、色の付きがいまいちで猛反省  また来年に期待してお礼肥をたっぷり施します。 

redsparC.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/09/23 17:43 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(8)

わけぎ(分葱)

わけぎ(分葱)の使い方は様々で大変重宝な野菜です。 昨年の6月に借りた畑で、お隣さんのおじいさんから戴いたわけぎを植えつけましたが、1年経って球根が困る程増えまして、植え切れずにもったいない話ですが、大分捨てる事になりました。 畑で植え残った球根をプランターに密植してみました。 ちょっぴり窮屈そうですが、10日経った今、奇麗に芽が出揃って来ました。 わけぎはとても成長が早いので、食べられる鉛筆の太さになるのも間近です。 切って使ってもまた新しい芽がすぐ生えてくる優れものです。 薬味は勿論の事ヌタにしたり卵とじに使ってもいいですね。 こんな便利なおりこうさんネギ… 来年わけぎの球根が増えたら、植えて見たい方何方か貰ってくれませんかぁ~

20070920185535.jpg

20070920185545.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/09/20 19:13 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(4)

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンは調べて見ると「ツマ」は「端」、つまり「端黒豹紋」と書くそうですが、読んで字の如く羽柄がそんな感じのチョウです。 近年、生息域を北上させている事が確認されていて、その要因としては、地球の温暖化、もしくはチョウ自身の寒さに対する抵抗力が強まった事などが考えられているようです。 そんな今年の夏孫達がお泊りでやって来た時に、庭で美しいチョウを捕獲しました。 当初はこの蝶は勿論の事、卵もどんな幼虫かも名前も知らずにおりました。 あるブログ投稿者の写真から、其の時初めて名前を知ったような次第です。 この蝶はスミレやバンジーの葉を好んで食べます。 我が家の庭には丸葉すみれが、以前より自然にこぼれた落ちた種でいたる所に生えていますが、 そのすみれに今年になってツマグロヒョウモンが頻繁に卵を産み付け、孵った幼虫をかしこに見られるようになりました。 の写真は時期外れのリンゴの花をバックに、ツマグロヒョウモンを合成写真にして見ましたが、雄と雌の区別がはっきり分かりますね。
 
20070918194848.jpg

幼虫は見るからに派手な色合いと刺だらけで、何とも毒々しいいでたちにちょっと近寄り難い虫ですねぇ! しかし見た目とは裏腹に全く毒はありませんし、刺す事もない安全な幼虫なんですよ。 外敵から身を守るために見せ掛けの装いをしてるんですね。 でも~やはり見た感じは気持悪いですよねぇ

20070918195441.jpg

これはツマグロヒョウモンのサナギになった様子です。 サナギなっても相変わらず派手な格好してますねぇ 見るからに刺はあるし毒を持ったサナギのようにさえ見えますね。 庭に植えられたリンゴの木幹下方にぶら下がったサナギで、あと数日で奇麗なチョウに羽化する事でしょう。

20070918195431.jpg

にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
[ 2007/09/18 21:12 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(4)