すいか2号収穫

引き続き7/27日に2つ目のすいかを収穫しました。 前回の1号すいかは若干早めの収穫で、中身がやや白い部分も見えて良く出来ていないことから、10日遅れの収穫にして見ました。 今度は完全に熟れたすいか、申し分のない出来上がりとなりました。 大きさ直径21㌢で重さ4.2㎏でありました。

dc072705.jpg


さて2つに切って見るとご覧の通り、皮の縁まで赤く真っ赤に熟しているのが分かります。 家族で早速の試食… びっくりする程の甘みで、皮の縁寸前まで食べられるほど甘いすいかでした。 我ながら文句無し

dc072709.jpg


クロスイカの隣に後から植え付けた、別品種の小玉すいかの雌花です。 まだ産毛に包まれた小さな赤ちゃんすいかですが、この花に雄花を受粉させます。 現在2本の苗から7個の小玉すいかが育ち始めています。 

dc072003.jpg


受粉後1週間が経ちました。 すいかの生長は驚くほど早く、日毎に玉が大きくなって行くのが分かります。 現在スイカ・キュウリとカボチャのツルが延び入り混じり競争で実を生らせています。 すいかとイボイボきゅうりが仲良くツーショットなんてのはいかがでしょう…

dc072706.jpg


dc072707.jpg

[ 2007/07/28 21:58 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(8)

かぼちゃ

かぼちゃの苗4本を畑に植え付けたのは、6/11日でした。 かぼちゃのツルは大変拡散して場所を取る事は承知していたのですが、4本も植えたのが間違いでした。 案の定さつま芋やキュウリ・スイカのツルがお互いに延びて衝突しています。 現在では互いのツルが絡み合って、何処がどの野菜の根元になるのか分からなくなりつつあります。 かぼちゃの葉は大きく、他の野菜の日傘状態になるので時折葉を取り除いてます。 中でも1番かぼちゃが威張ってて強いどぉ!

20070725204954.jpg

かぼちゃは交配性遺伝性が強いと聞きます。 親の特性が子に比較的伝わらないと本に書いてありました。 今回植え付けた我が菜園のかぼちゃは、昨年スーパーで買い求めたものから採取した種で、北海道産の栗かぼちゃであります。 其の種だからと言って必ず栗かぼちゃが出来るとも出来ないとも言えない。 収穫して食べてみないと分からないと言うのも期待感が持てて楽しい。 現在この大きさのかぼちゃが7~8個生ってます。

dc072004.jpg

[ 2007/07/25 21:18 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)

きゅうり種の採取

きゅうりの種蒔き時期は一般的に春蒔きと秋蒔きが普通ですが、最初に蒔いた実が生る頃に次の種を蒔き、次のきゅうりが生る頃にまた種蒔きすると、年3回の栽培で絶え間なくきゅうりが収穫出来るよと… 菜園のお隣さんの農家のおばちゃんから聞きました。 な~るほど! とこの方法今年から実践しています。

20070724181742.jpg

次回蒔く時の種は必ず確保するように心掛けています。 特にきゅうりは1日でかなり成長しますから、採り忘れると直ぐ化け物のようなきゅうりに変身してしまいます。 勿論こうなると硬くて食べられませんねぇ! 種用きゅうりには最初から印を付けて完熟するまで放って置きます。 きゅうり全体が黄色くなれば中の種も良く出来ています。 でも中身が全部種になる訳ではないんですよね。 1本のきゅうりから種約120粒位です。

dc072402.jpg


こうして2つ割にした種用のきゅうりから種を取り出し、よく水洗いします。取り出した種をボールに入れ水を張ると、良く出来た種は沈み悪い種は浮いて来ますのでここで選別します。 ヌメリを洗い流し日陰で乾燥させると立派な次回のきゅうり種が出来ます。 市販の種に比べると遥かに発芽率は抜群ですよ。 同じようにしてトマトやネギ・タマネギも種を採取して来年用に備えるつもりです。 現在は既にサヤエンドウとサヤインゲン(つるあり)の種を確保してあります。

dc072403.jpg

[ 2007/07/24 18:56 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(4)

完熟とまと

今年菜園で植えつけたトマトは14本、我が家の庭でプランターで8本を栽培しました。品種は中玉(シンディースィート)で、内3本が枯れたものの残り全部が実を付けて、現在完熟したトマトから毎日収穫しています。この品種は比較的雨に強く実割れしないのが特徴で、丈夫で作りやすいので初心者向きと言えますね。

dc072012.jpg


平均1房に7~8個の実を付けさせて、若干他の実の膨らみを助けてます。房柄の部分から徐々に一度赤味が付き始めると、次から次へと赤味が増して収穫出来るようになります。トマトはそのまま生食も出来ますし、採れ過ぎても保存も利き、加工も結構幅広い野菜ですからとても重宝しますよ。

dc072011.jpg


写真を良く見ると分かりますが、実の付く柄の部分がまだ僅かに緑が残っていますが、この部分が完全に赤くなれば完熟です。自家用ですので此処まで待ちます。そのままガブリ!とかじれば味が濃くてジューシーで、独特な甘みが口いっぱいに広がります。実の大きさは約4㌢前後で、重さ35㌘平均の中玉トマトです。

dc072014.jpg

[ 2007/07/23 10:34 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(5)

☆すいかの収穫!

dc062302.jpg

写真のスイカは6/23日に撮影したものですが、まだはっきりと縞模様が分かります。 この時にスイカの位置を縦に起こし正座させました。

dc071101.jpg

上の写真から20日程経ちました。 驚く事に表皮が黒くなっているではありませんか! 確かに苗で購入した時にクロスイカとラベルにありましたが、最初から表皮が黒いものではない事もこの時知りました。 正座させた甲斐があったのかやや楕円が丸い形になっていました。 横に500ml入りボトルを置いて比較して見ましたが、日増しに大きくなっている事が分かります。

dc071806.jpg

7/18日… とうとう収穫の日を迎えました。 ツルから離したスイカは直径22㌢強、ずっしり重く何と3.6㎏の大きさでした。 初めてのスイカに包丁を入れる心境は、期待と不安が入り混じってドキドキするもんですねぇ! その結果種の色から少々収穫が早かったのでは? 中身の色具合の割りには甘さはありました。 スイカは比較的誰にでも条件が整えば栽培出来る事が分かりました。交配後子房が膨らみ形が出来れば、45日程度が収穫の目安ですが、それより1週間程遅れて収穫すればよいと思います。 まぁ初心者が作った初めてのスイカとしては良しとしますか… 後のスイカに密かに期待しながら自己満足してます。
[ 2007/07/18 22:25 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(6)