ハスの種が発芽した

 ハスを種から育てよう

ハスの栽培は、根茎を休眠期に根分けして増やすのが一般的ですが、初夏になり花が咲き
其のあとに出来る種を発芽させ増やす事も出来ます。 今迄に種だけは採取して来ましたが
今回初めて種からの発芽を試みました。 種の尻を僅かに削り、水に浸して一週間前後で
簡単に発芽しました。 温度の関係か芽は日毎にどんどん伸びて行きます。

 蓮の発芽

 ハスの発芽

ハスの根っこ

日数が経つにつれ、今度は種の中から根っこが他の芽と一緒ににょきにょきと出て来ました。
ここまで来たらいよいよ土に植え替えです。

 ハスのポット植え

適当な容器が無いので、黒ポット4号(直径12㎝)の底穴をガムテープで塞ぎ水漏れを防ぎます。
そこに発芽して根の出た種を置き、土を足して水を張れば完了です。 寒くなると枯れて来ます。
後は翌年の春まで凍らないように養生しますが、根はしっかりと生きています。

 現在の生育状況

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

蓮の種無料配布

 西湖紅蓮(サイココウレン)

毎年庭の片隅に置いたタルで、綺麗なハスの花を咲かせ楽しませてくれています。 開花後に
蜂の巣のような形の中に、黒々とした種が数粒出来ます。 ハスを増やす方法としては真冬に
根茎を取り出して根分けするのですが、種からでも発芽させ増やせるとの事です。

 ハスの種

 ハスの種A

まだ、種から発芽させたことはありませんが、実験的に私も試みています。 毎年ハス種を
採取していますが、種が溜まってきましたので、ご希望の方に差し上げたいと思っています。
お一人様5~6粒ですが宜しければご連絡下さい。

  ハスを種から育ててみよう

   発芽待ち

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ハスの花に魅せられて

 さいここうれん

観賞用蓮(ハス)の栽培は、素人には難しい植物だと思っていましたが、実際は手の掛からない
易しい栽培植物で、狭い場所でもなるべく日が当たれば、誰でも簡単に容器栽培が可能です。
私は、ホームセンターで見つけた45㍑入れのプスティック桶を利用しています。 毎年ごとの
植え替えが必要ですが、その都度ハス根が増えて、太目の根茎先に花芽が付き開花します。

 花はす・西湖紅蓮

      西湖紅蓮

お釈迦様の台座にも飾られるハスの花は、美しくもあり心を奪われるほど神秘的な花です。
ハスの花は開花後、開いたり閉じたりを3回繰り返し、4日目には花弁が外れて散ります。

 2日目の開花

 3日目の開花

  ハス開花の様子

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヒマワリの季節

 ひまわり

夏の代表花にも挙げられるヒマワリは、暑い季節の風物詩にもなっています。 今年は初めて
サカタ種苗から取り寄せた、ヒマワリ 「サンゴールド」 が加わり、 今を盛りに咲いています。
ヒマワリを畑周りに植えて置くと、害虫の侵入を食い止める役割もあるそうです。 飛来して来る
害虫が花に引き寄せられて、中に入るのを忘れてしまうそうで、いわゆる塀の役目でしょうか…

 ひまわり2

このヒマワリは、通常の咲き方とは違って、中心部まで花弁が密集したポンポン咲きです。
華やかに見えてなかなか見応えのあるヒマワリですが、大変重たそうにも感じますね。
ちなみに青空にたなびく白い線は、偶然撮れた飛行機雲です。

 ひまわり4

 ひまわり1

このヒマワリ一種が、昨年まで我が家で咲いていたもので、花が大輪で茎もしっかりしています。
この品種はやや遅咲きですが、枯れるまで待ってまた来年用の種を採取する予定です。

  ひまわり3

この場所は、我が家の敷地の外側で、田んぼに引き入れる用水路になっています。 子供達の 
通学路にもなっている用水路脇に、毎年余ったヒマワリの苗を並べて20本程植え付けています。 
また散歩で通る人の目を和ませてもいるようです。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

梅雨に咲く花

大待宵草 (オオマツヨイグサ)

黄色とは、まさにこの花弁を指して言うのでは、と思うほど綺麗な色です。 夕方開花するので、
一般的に 「宵待ち草」 とか 「月見草」 等と呼ばれ、花径は大きく、6~8センチくらいあります。
花弁はハート形で4枚あり、花の真ん中には柱頭が4つに裂けた長い雌しべが1本見えます。
その周りに8本の雄しべが囲うようにあります。

オオマツヨイグサ

大待宵草

昔は何処でも見られた「オオマツヨイグサ」ですが、最近は余り見掛けられなくなりました。
私はこの雑草如き花が好きで、わざわざ家の周りで育てているような次第です。

コマツヨイグサ

このコマツヨイグサ(小待宵草)は、道端や空き地に蔓延って咲く小さな花弁の花ですが、
生態系を崩す事から、何と場所によっては外来生物法により要注意外来植物に指定され
嫌われているそうです。 花は淡黄色で直径2.5㌢~3㌢と小さく、葉腋に長い花序を出し
1個づつ咲かせ、夕方に開花して翌朝しぼむ(曇りの日には昼過ぎまで開花が見られます)
花がしぼむとマツヨイグサと同じように赤く変色する。

露草 (つゆくさ)

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村