デコポン収穫しました

 デコポンの収穫

庭の片隅に植えてある2本のデコポンが、今年もすっかり色付きそろそろ収獲期を迎えました。
デコポンはこんなに色付いても、収獲し直ぐには酸味が強く温州ミカンの様に食べられません。
酸味を抜くためにある程度寝かせる「追熟」段階を経て、果実内の酸が糖に変わっていきます。
収穫後から1ヶ月ほど寝かせる事で、甘味と酸味のバランスが取れてやっと食べ頃を迎えます。

 デコポンの収穫A

 デコポンの収穫B

 デコポンの収穫C

収穫したデコポンを、早速試し切りして見ました。 果汁が滴るほど如何にも美味しそうです。
試食してみると、大変味が濃厚で甘味もありますが、まだ酸味が強くやはり追熟が必要です。

 収穫後のデコポンの木

デコポン収穫後は、根元にたっぷりと「お礼肥え」して、また来年の果実収穫に備えます。
ちなみに、デコポンの頭が何で出っ張ってるの? それは実のなる位置が枝に近い事で、
自然にこういう頭部が尖った状態になるそうで、 出てても出なくても味は一緒だそうです。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

収獲間際のデコポン

         デコポン

                皆様、新年あけましておめでとうございます。 
          本年も拙い【趣味の園芸談話室】を、よろしくお願い申し上げます。


 デコポンA

 新年を迎えた我が家の庭では、現在2本の柑橘類デコポンが一斉に黄色く色づいています。 
こちらデコポン1号(6年生)の木には、今年30個の実が付いています。 昨年収獲したのは
1月の半ば過ぎでした。 デコポンはしっかり色付いても、直ぐには酸味が強く食べられません。
収獲してから追熟するのですが、皮がやや軟らかくなった頃が、甘くなって食べ頃になります。

 デコポンB

 デコポンC

こちらはデコポン2号の木ですが、2年遅れて植え付けたデコポンです。 今年生った果実は
まだ3個ですが、年を重ねる毎に実の数も増えてくるものと思います。

 デコポンD

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


パッションフルーツ撤収

 パッションフルーツ撤収

夏に大活躍したパッションフルーツのグリーンカーテンを撤収しました。 寒くなるにしたがって
暑さには滅法強い南国フルーツですが、葉も萎れ枯れ始めています。 朝晩も急に冷え込み
そろそろ陽射しが恋しくなる季節になりました。

 未熟果

パッションフルーツの実は、果実が赤くなって完熟し食べられるまでには2ヶ月は掛かります。
年に2回夏果と秋果が生りますが、秋果では日数が足りず青いまま寒さを迎えてしまいます。
勿体ない気もしますが、大ざるに2杯以上は廃棄処分することになりました。 全部のツルを
取り終えたら何と周りの明るい事、身勝手ながらこれですっきりしました。

 パッションフルーツ 来年用の挿し木苗

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

6年目のデコポン

 デコポン「不知火(しらぬひ)」

我が家の柑橘類デコポンが6年目になりました。 まだ青々した果実ですが、これから寒くなると
徐々に黄色味が増してきます。 今年は25個の実を付けています。 木も大きく育ちました。

 デコポンC

 デコポン

 デコポンB

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

姫リンゴ

 姫リンゴ

台風のためにすっかり葉が落ちてしまいましたが、今ヒメリンゴが真っ赤な実を付けています。
これは食用りんごではなく観賞用のりんごです。 他の食用りんごのために受粉木用として
我が家では鉢植えで育てています。 盆栽などにするために良く利用されています。

   姫リンゴB

 姫リンゴC

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村