絹サヤとソラマメ

 サヤエンドウ

毎年恒例の我が菜園で、 一時はヒヨドリに荒らされ見るも無残だったサヤエンドウでしたが、
持ち直しまた伸び始めています。 その食害から守るためにネットを張って防いでいます。

サヤエンドウB

ソラマメ

ソラマメは2本しか植えてありませんが、元気に成長して現在もう花を咲かせています。

ソラマメB

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

イチゴの生育状況

いちご 黒マルチ掛け

素人のイチゴ作りも今年で4年目、昨年ランナーから採った苗(18株)を育て植え付けました。
今年から植え方を少々変えて、定植する畝を20㎝ほどかさ上げして植え付けてみました。
寒さ除けに黒マルチを株全体に被せ、穴を空けてイチゴ苗を引っ張り出した様子です。
これで根を霜の害から守り、まだ続く寒さから根の生育を助けます。

イチゴ作り

写真右側に生えている緑色の草のような植物は、昨年の暮れに蒔いたライ麦の列です。
これは麦を収穫する訳ではありませんが、風除けと麦わらが欲しくて種を蒔きました。

玉ねぎ

玉ねぎの生育の様子ですが、少々生育が良過ぎる感じで、先行きトウ立ちが心配されます。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

冬の菜園は今

菜の花

今年も我が家の菜園で、やっと菜の花が咲き始めました。 菜の花にも種類があるのか
昨年より花を見るのが遅かったようです。 百円ショップ購入のタネで、葉が縮れています。
鮮やかな黄色の花を見るたびに、まだ寒さが厳しい中にも春の訪れを感じています。

     菜の花B

     菜の花A

からし菜

からし菜も百円ショップで購入の種で、そろそろ茎も太くなり、からし菜和えで食べられそうです。

チンゲン菜

この時期になると、我が菜園にはお呼びでないヒヨドリが大群でやってきます。 ご覧のように
青菜の少ない時期だけに、チンゲン菜はヒヨドリにとって好きな野菜のようで、ブロッコリーや
キャベツにエンドウの葉など、困ったことに知らぬうちに枯れ坊主にされるほどです。 

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


                                                       

根深ネギ栽培

根深ネギ栽培

冬の鍋料理には欠かせないネギですが、我が菜園では毎年上手く育たない失敗の連続でした。
堆肥を施し良く耕し土を改良しはずなのに、ネギを栽培しながらスーパーで買うような始末、
この地に移転する前は上手く栽培出来ていたのに、何が悪いのか見当が付かない毎年でした。 

根深ネギ栽培1

ネギは元々細かい細い根で、大変通気性を好む野菜とは知っていましたので、それなりに
植え付け時に苗の側面に藁を入れたり、肥料や微量要素にも気を使ってきました。
種を蒔き苗作りには成功しても、その後が上手く育たない原因がやっと分かりました。
やはり植え付け方の方法に間違いがあり、土そのものではない事に今頃気が付きました。
全く初歩的な事で、要するに根に対しての通気性が悪い育て方だったようです。
:結論としては、ただ単に棒で穴を空けてそこに土を掛けずにネギ苗をぷっこむだけでした。
我が家のネギは寒さの中、只今こんな方法で元気に生育しています。

根深ネギ栽培2

   ネギのぶっ刺し植え


                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

里芋の季節

里芋の試し堀り

サトイモと言えば、里芋の煮っ転がしなんかが嬉しいですね。 スーパーで売られている一般的な里芋のほとんどが小芋と孫芋ですが、里芋の元々の形は、親芋と小芋、孫芋で構成されています。 スーパーでよく見かける里芋は、親芋が省かれた状態で、里芋の親芋の部分は、緑色で太い根のような形をしています。 親芋は、あまり食べられることのない部位ですが、食用として販売され見掛ける事もあります。

里芋

里芋の親

里芋をタネイモとして植え付ける時、孫芋の部分を普通は植えるのですが、収獲した後に親芋の根っこの部分を、発泡スチロール箱などにもみ殻を入れ、風通しの良い場所で保存し、翌年にその親芋を畑に植え付けると、大株になり収穫時期は収量が格段に増えます。

サトイモ

サトイモB

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村