ハスが開花しました

蓮の開花

 今年も容器栽培のハスの花が咲きました。 ハスの花は開花してから花弁が開閉しながら
三日間繰り返し散ってしまいます。 お釈迦様の台座にもあるように、蓮の花は神秘的であり 
単調な花弁も厳かな感じがします。 はかない僅かな期間ですが、ハスの魅力に惹かれます。

      ハス

ハスB

花の中心部の黄色い10個の粒に、回りの雄しべが立ち上がり花粉を出します。 花が散り
中の黄色い部分が持ち上がり、ジョーロのハス口のようになって種が出来ます。

ハスA

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スイカ空中栽培

スイカの空中栽培

 スイカの栽培は、ツルを地面に這わせて生らせるのが一般的な作り方ですが、我が菜園は
土地が狭いため場所の確保が出来ないのが現状でした。 偶然考え出したのがトマト栽培で
立てる支柱を利用し、その上にパイプを組んで棚を作りネット(10㎝マス)を張りました。
スイカの空中栽培のメリットは、太陽を四方から浴びるので、表皮の色むらが出来ないのが
利点です。 また見割れが少なく、何故か糖度が少々高くなるような気がするのですが…?

スイカ空中栽培

両サイドはトマト栽培で高さ1.7m位の支柱を立て、畝の両サイド東端にスイカを植えてあります。
現在4本仕立てにしたツルが、棚の3/2辺りまで伸びて20個近いスイカがぶら下がっています。

スイカ空中栽培B

スイカ空中栽培C

スイカ空中栽培D

今生っているスイカは、黄小玉スイカと紅小玉スイカの二種ですが、昨年甘く美味しく食べて
捨てるべく種を採取し保存してあったもので、小玉スイカは平均1.5~2.0㎏位の大きさです。
収穫は大体35日後になれば収穫出来ます。 初収穫の赤小玉スイカ、甘いのには驚きです。

紅小玉スイカ初収穫

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

花壇でスイカ栽培

花壇でスイカ栽培

 花壇で咲き誇っていた色々な草花達も、そろそろ暑さでその姿を消しつつあります。 片隅に
5月末頃に、行き場のない余った小玉スイカの苗を、2本植え付けてありました。 何時の間に
ツルを伸ばし、子ヅル・孫ヅルにスイカが成りました。 種は昨年食べて甘かった小玉スイカの
2種類で、どちらも「紅小玉」と「黄小玉」スイカの種から苗を作ったものです。 タダ苗からです。

黄小玉スイカ

「黄小玉スイカ」は、受粉から35日以上過ぎていました。 叩いて見るとやや鈍い音がしました。
期待はしていませんでしたが、割ってみると以外に色も濃く種も出来ています。

黄小玉スイカ収穫

黄小玉スイカ糖度

スイカの糖度は平均10%~13%位だと言いますから、まあまあこれでも甘い方の部類かなぁ…
何たって捨てるべく種からタダの苗で作ったスイカ、放任でこれだけ出来たら自己満足でーす。
我が家では、殆どの野菜は自家採取の種を蒔いて育てています。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

夏の風物詩ひまわり

 ひまわり

 夏の代表的な花でもあるヒマワリを、毎年家庭菜園の縁に並べて植え花を楽しんでいます。 
ヒマワリには色々な種類がありますが、色の違いや一重咲きに八重咲などがあり様々です。
我が家では、写真の八重咲ひまわりと一重咲きひまわりの二種があり、毎年毎種を保存して
翌年につなげ花を咲かせています。

 ひまわりB

 ひまわりC

 ひまわりD

 ひまわりE

偶然見つけたスナップショットですが、ひまわりが風で倒れるのを支えた金属パイプ棒の先端
暑さ除けに丁度良いのか、アオガエルが顔を出したり引っ込めたりする変な光景。

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

桃「白鳳」の収穫

 桃「白鳳」

昨年より一週間ほど早く、色付き始めた桃「白鳳」の収穫をしました。 桃はデリケートな果物で
袋掛けはしたものの、強風で未熟のまま袋ごと落果したものや、虫の侵入で傷んだものも多く、
思いの外収量が上がりませんでしたが、それでも30個以上を収穫出来ました。

 桃「白鳳」の収穫

     桃

 試食してみましたが、日照時間と暑い日が続き、ジューシーで甘さも満足出来るものでした。
しばらくの間、甘くて美味しい桃を冷やして頂けそうです。 素人の桃栽培今年も自己満足です。

 桃「白鳳」の収穫A

 桃「白鳳」の収穫B

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鉢植えイチヂク

鉢植え 夏果バナーネの初収穫

 鉢植えにした2種類のイチヂクを育てています。 品種は 「バナーネ」 と 「カドタ」 です。
バナーネは既に菜園の片隅に地植えしてありますが、数年前から害虫(カミキリムシ)被害で
木の半分以上が枯れてしまいました。 カミキリムシは意外に手強い相手で、薬剤で対抗は
していたのですが手遅れでした。 予備のイチヂクとして、挿し木したのが3年前になります。
挿し木苗から3年が経ち鉢植えで、バナーネがとうとう初めて1個目熟しました。 

完熟バナーネ

バナーネ

バナーネ (ロングドゥート)

果実の目方を計り忘れましたが、糖度計で甘味を計測しましたところ、果実の先端部分で
糖度21度と予想以下でした。 以前に糖度26度越えした実績がありました。 それでも甘い!

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こばんそう「小判草」

  小判草

 数年前に、我が家の庭の片隅に偶然生えていた、小判草の種を採取して増やしたものです。
イネ科の植物とは言え、元々は雑草として扱われていた代物、それでも何処か愛らしい植物で
毎年種を蒔いて鉢植えで楽しんでいます。

 小判草C

 コバンソウ(小判草)

 小判草B

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おおまつよいぐさ 「大待宵草」

 おおまつよいぐさ (大待宵草)

 待宵草は、夕方に花開く数種類の似た植物がありますが、中でも大きな花を咲かせるのが
大待宵草です。 花は黄色で大きく直径6~7cmくらいで、 花びらはハート形で4枚あります。
花の真んなかに先が4つに分かれた長い雌しべが1本あり、その回りに雄しべが8本あります。
昔は道端でも良く見られた花ですが、最近はこの「大待宵草」はすっかり見掛けなくなりました。
雑草にして置くには勿体ないくらいの、綺麗で黄色い大きな花を咲かせ、毎年の楽しみです。
私はこの「オオマツヨイグサ」と「ホタルブクロ」を、敢えて大事に育てています。

 おおまつよいぐさ

 おおまつよいぐさ A

 (大待宵草)

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

姫林檎 (ひめりんご)

 姫林檎 (ひめりんご)

 四月に満開の花を咲かせたヒメリンゴが、今は沢山の小さな実を付けています。 元々は
観賞用ではなく、生食用リンゴの授粉用に鉢植えで育てているものです。 秋になると実が
真っ赤に色付き、花と同様に見栄えがしますね。 実は熟しても酸っぱくて食べられません。
果実酒にも挑戦しました。 綺麗な色が出で美味そうですが、若干渋みと雑味が多いです。

姫林檎

ひめりんご

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

楽しいメロン栽培

 メロン栽培

メロンの栽培を始めて、かれこれ10年以上が経ちました。 と言っても所詮ド素人のメロン栽培
ですから、他人様に見せられるような代物ではありません。 未だに満足なメロンが収獲出来ず
思考錯誤の連続です。 しかし、毎年同じことを繰り返すうちに、下手ながらメロンを作る方法や
性質が自分なりに分かるようになってきました。 以外に誰でも簡単に育てられます。

 2種メロン栽培

当初メロン栽培を始めた頃は、苗や種を買い育てたのが始まりですが、種や苗の値段が意外に
高いので、ならばスーパーでメロンを買って美味しく食べて、捨てるべく種を採る事になりました。
我が家では殆どの野菜の種は、自家採取して種を保存しています。 当然一代交配種(F1)では
ありませんから、同じ品種のものが出来るとは言えませんが、まあまあ自己満足程度のものは
収穫出来ます。 今回のメロンは、 「アールスメロン」 と 「カンタロープメロン」 の二種類です。
勿論の事、どちらのメロンも食べたメロンから採取し保存し、今年種から苗作りをしたものです。

 めろんの雄花と雌花

 受粉作業

受粉後8日目のカンタロープ

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村