FC2ブログ






ムベの実

ムベ(郁子、野木瓜)

 ムベの実をご近所さんからたくさん戴きました。 門を挟んで左右の垣根に植え付けてあり、
見事に毎年沢山実を付けます。 ご本人は余り食べないようで、幾らでも持たせてくれますが、
この実ばかりはそんなに貰っても困ってしまいます。 今回はムベの苗木迄2本戴きました。

むべ

我が家には、鉢植えにしたアケビはありますが、ムベは一本もありません。 どちらの実も
種ばかりでお世辞にも美味しいとは思いませんが、口に含むと懐かしい甘い味が広がります。

むべA

アケビとムベ

アケビとムベA

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大根 初収穫

大根の収穫

 大根の種を蒔いたのが、まだ暑い最中の8/5日でした。 今日で3ヶ月少々が経過しました。
土からは既に大根の首が持ち上がり見えています。 良い感じの太さに成長しています。

耐病総太り型大根

初めての収穫です。 長さは50㎝位で結構太く育っていました。 この先まだ太くなりそうです。

赤丸20日大根

20日大根は、その名の通り20日で収穫出来ると思いきや、種蒔きが10/6日でしたから、既に
30日以上が経過し、30日大根になりました。 写真のような、真っ赤な大根が収獲出来ました。

赤丸20日大根A

                          
にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

            

季節外れヒマワリとトマト

 こぼれ種 ヒマワリ

 真夏に咲くヒマワリなら何も珍しくはありませんが、今年の夏に咲いたヒマワリのこぼれ種が
何時の間に発芽して、何時の間に伸びて蕾を付け只今開花しています。 さすが11月に入ると
朝晩の冷え込みで、寒さを少々肌に感じる季節、何とも季節外れの光景を目にしています。

 大玉トマト(品種不明)

こちらはトマトですが、何時の間に鉢植え草花の中で発芽して育ったもの、別の大鉢に移植して
育てている内に、花が咲きトマトが成り始めています。 これから寒くなる時節に何処まで大きく
実が育つか分かりませんが、これも季節外れの不思議な光景です。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

桃の狂い咲き

 桃の狂い咲き

 春に咲くはずの桃の花が秋に咲いたのは気候の異常が原因か、モモは生長バランスを崩し、
秋を春と間違えて咲いたのだと思われます。 我が家には白鳳とネクタリンの桃が二種類あり、
何故か「ネクタリン」だけが今年狂い咲きしています。 変ですねぇ…

 桃の狂い咲きB

 桃の狂い咲きC

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

玉ネギ苗の植え付け準備

 玉ネギの植え付け準備

 今年も玉ネギ(黄玉葱)を播種してから、約1ヶ月半が過ぎました。 約500本前後の苗は順調な
生育で、185本の植え付けですから苗が少々余りそうです。 植え付けは11/10日位の予定です。

        玉ネギの植え付け準備B

植え付ける苗は、鉛筆よりやや細い位が理想で、ネギの葉が4本揃った頃が目安になります。

玉ネギの植え付け準備C

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヨトウムシ除け

ヨトウムシ除け

 ヨトウムシとは、ヨトウガという蛾の幼虫のことで、夜に活動し植物の葉や実を食害する事で
「夜盗虫(ヨトウムシ)」という呼び名がつきました。 何とも退治し難くて、厄介な憎き害虫です。
我が家では、白菜や大根の葉からネギの幼苗の茎まで、食い荒らされている有様です。

ヨトウムシ除けB

極力無農薬野菜を育てるのが基本ですから、出来れば農薬は使いたくありません。 そこで
独自で考えたのが、夜になって土中から出てくるヨトウムシの防除対策でした。 ビニールで
野菜の根元を土と遮断する方法です。 この方法はナス栽培時にも応用したやり方ですすが、
面倒ですが大変効果がありました。 仮にヨトウムシが上がってきても元には戻れずに野菜の
下かビニールの界隈に丸まっているので、それを見付けて退治します。 葉や茎に付く害虫は
手で捕獲しては退治しています。 完璧な防除策とは言えませんが、家庭菜園程度なら充分
ヨトウムシ被害から逃れる効果はあります。

ヨトウムシ除けC

                           にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

イチヂク 「バナーネ」と「カドタ」

いちぢくA

 我が家にイチジク「バナーネ」と「カドタ」の2種類があります。今年から育てている「カドタ」は
果実を収穫するのが初めてです。 イチヂクは夏と秋に実を付けますが、実は少々小振りでも
秋果の方が甘いようです。 両方とも鉢植えで育てていますが、今も結構実を付けています。

いちぢくB

「カドタ」は5㎝前後と小さな実で、熟しても赤くはならずやや黄色っぽい感じで、外皮を触ると
軟らかくなって来て、この頃が丁度食べ頃で皮ごと食べられます。 バナーネ程甘くはないが
小さいくせに以外に甘ーいのに驚きました。

いちぢくC

いちぢくD

イチヂクのコンポート

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

落花生 撤収

落花生A

 雨がしばらく続き、収穫遅れになっていた落花生(おおまさり)残り10株を全て撤収しました。
既に枯れかけていた枝葉を整理して、今年の落花生掘りは終了で、約4㎏程の収穫でした。

落花生B

落花生C

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

秋の味覚アケビ

秋の味覚 あけび

 今年も秋の味覚「アケビ」を収穫しました。 昨年より一週間程早く実が割れ口を開きました。
実の表皮が葉の陰になって、薄紫で白っぽくなっています。 厚い果皮の中には種と白い
ゼリー状の果肉が入っていて、熟すと紫色になった果皮がぱっくり割れ中の種が露出します。
お隣さんの庭に栗の木があり、毎年沢山生りますが、落ちても食べないので戴いて来ました。

       鉢植えあけび

アケビA

鉢植え生った割に実が大きく、実の長さが13㎝もありました。 口に含むと甘い味が広がります。

アケビB

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

オカワカメの花

        おかわかめ(雲南百薬)の花

 オカワカメは一般的名称:を雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)とも呼ばれ百薬という位ですから、
栄養価が高く、ビタミンや各種ミネラル、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、葉酸が多く含まれ、
血液をサラサラにする効果があると言われています。 知り合いの方から一本の苗を戴いて、
今年初めて鉢植え(菊鉢)で、螺旋状に仕立て育てたものです。 栽培は誰でも簡単に出来る
手間要らずの植物で、生育は驚くほど早く葉を摘まんでも 次々に脇から芽が出ます。

おかわかめの花B

初めて咲いたオカワカメの花ですが、小さな白い花を無数につけ香りも良く辺りに漂うほどです。

 おかわかめの花

おかわかめの花A

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村