FC2ブログ







根深ネギの種蒔き

ネギの種蒔きA

 今年も根深ネギ(石倉一本)の種蒔きを済ませました。 発芽までに一週間位は掛かりそうです。
種は200穴のビニールポット三枚を使い、面倒ですが一粒ずつ穴に全部で600粒蒔きました。

ネギの種蒔きB

ネギの種蒔きC

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/03/20 07:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

春の息吹

 春の息吹A

 我が家の庭では、硬かった果樹の蕾も日中の暖かさに膨らんで、徐々に春の息吹を感じます。

 春の息吹B

 春の息吹C

 春の息吹D

 春の息吹E

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/03/17 07:00 ] 果樹栽培 | TB(0) | CM(0)

ヘーゼルナッツの花

ヘーゼルナッツA

 今年もヘーゼルナッツの花が咲きました。 植え付けから9年になりますが未だ結実しません。
雄花が先に出来て、雌花は大分後になって咲きます。 それも見落とす位の小さな花です。

ヘーゼルナッツC

ヘーゼルナッツB

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/03/13 07:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(2)

フキノトウ

 フキノトウ

 庭の片隅に植えたフキの根茎が毎年伸びて、今年もフキノトウがあちこちに芽を出しています。
フキノトウと言えば、先ず定番のテンプラですね。 沢山収獲出来たのでフキ味噌も作りました。
独特のほろ苦さが大人の味で、これを食べると今年も春が来たなぁ- と感じますねぇ。

 フキノトウA

 フキノトウB

 フキノトウC

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/03/10 17:24 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

蓮の植え替え

蓮の植え替え

 今年も蓮の植え替え時期がやって来ました。 寒い時期だけに、少々辛いものがありますが
綺麗な花を見るためには我慢 我慢 😥  まだハスの根茎が眠っている頃の植え替えです。

 蓮の植え替えA

 蓮の植え替えB

 蓮の植え替えC

蓮の植え替えD

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/03/07 08:00 ] 草花栽培 | TB(0) | CM(3)

蜜蜂の巣箱完成!

      日本ミツバチ用巣箱

 日本ミツバチ用巣箱(2個)がやっと完成しました。 暖かくなる桜の咲く時期になり、巣箱を
何処に置くかを考えていますが、ミツバチ達がこの巣箱に営巣するかはかなり確率が低いです。
設置する前に、巣箱の中のスノコに蜜蝋(ミツロウ)を塗って、傍には蜜蜂寄せの誘引液を作って
置き、それにつられて近付いて来るのを待ちますとは… 能書きだけの心もとない素人ですから
さほど期待はしていませんが、趣味と道楽ですからどうなるか楽しみはありますね。

 日本ミツバチ用巣箱A

 日本ミツバチ用巣箱B

杉板で作った巣箱の外側を、バーナーで炙り焦げ目を付け、こうすることで巣箱が腐りにくく
長持ちします。 見栄え的にも良い感じに仕上がりました。 こんなものを二つも作りました。

 日本ミツバチ用巣箱C

 日本ミツバチ用巣箱D

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/02/28 09:36 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(2)

からし菜とほうれん草

からし菜

 昨年の11/17日に種蒔きしたからし菜も冬の寒さに耐え、今ではこんなに大きく育っています。
昔は川の土手などで自然に生えたからし菜を、春には摘まみに出掛けたものですが、わざわざ
今では菜園で育てています。 これからは摘み取るほど茎葉が伸びて、次々と収穫が出来ます。

からし菜A

 収穫したからし菜はよく洗い、たっぷりのお湯でさっとゆでて(茹で過ぎると辛味が抜けます)
すぐ冷水にさらして冷やし、塩もみして 1時間以上置けば出来上がりです。 好きな長さに切り
いただきます。 色々好みで調理法がありますが、 熱々ご飯でピリッとしたからし菜の漬物で
食べるなんて最高です。 私はシンプルですが、ピリッとしたからし菜の漬物が一番好きです。

ホウレン草

昨年の11/9日に、第二弾として種蒔きしたほうれん草が、収穫出来るほどに育っています。
寒い時期のほうれん草は、葉が肉厚で甘味があってとても美味しいです。

ホウレン草A

                         にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/02/25 07:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

散歩道で見た光景

 養蜂箱

 散歩コースの途中に古い神社があり、杉木立の中を通り過ぎると開けた神社の裏手に出ます。
舗装された農道の十字路の右手は田んぼで、左手は笹薮に覆われ広い空き地になっています。
その通路脇の隠れた一角が笹を刈り取られ、日当たりの良い広場にハチの巣箱が並んでいます。
昼間でも人に出会う事もない静かな所で、以前からこの場所に巣箱がある事は知っていましたが、
興味もないまま今迄は通り過ぎて来ました。 一体この巣箱の所有者が誰なのかも分かりません。
蜜蜂飼育をあるきっかけから興味を持ち、今回 散歩途中に立ち止まりしばらく観察して見ました。
陽射しのある昼間は温度が上がると、寒い時期でもミツバチ達が巣箱から飛び交っていました。

 養蜂箱A

巣箱が置かれていますが、陽気が良くなって気温が上がると、何時の間に突然巣箱が無くなり、
何処か別の場所に持ち主が移動しているようです。 寒い時期の箱の中はどうなっているのか
大変気になるところで、 今回私が作った巣箱とは全く違う浅い巣箱で、中の構造は如何に? 
持ち主の方に出会ったら、是非色々伺ってみたいと思っています。

 養蜂箱B

                         
                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/02/22 08:00 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(0)

枝葉の粉砕機

 枝葉粉砕機

 数年前に購入した枝葉の粉砕機です。 我が家の敷地回りは生垣(マキの木)で囲まれており
成長の早いマキの木は毎年刈り込みが必要で、その都度大量に出る枝葉は困りものでしたが、
この粉砕機「ガーデンシュレッダー」のお蔭で、細かく粉砕し糠や鶏糞等を混ぜ堆肥になるので
今迄厄介者だった垣根の枝葉や果樹の枝も、今では逆に畑で大いに活用しています。

 枝葉粉砕機A

刈り込みをして直ぐだと粘りがあり、枝葉がカットされないまま出てくることもあり詰まりの原因、
生木よりある程度乾燥させてから、粉砕機に掛けた方が綺麗に細かく粉砕することが出来ます。
我が家では、毎年この粉砕機に助けられています。 以外に稼働中の音も静かです。

 枝葉粉砕機B

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/02/19 07:00 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(3)

蜜蜂の巣箱作りPart2

蜜蜂の巣箱part2

 前回に引き続き 「日本ミツバチ」の巣箱作りその後です。 全体的に形がらしくなって来ました。
重箱枠だけでは、中蓋や重箱を切り離した時に、巣が落下する恐れがあり巣が落下しないよう
各重箱の中には桟を付けます。 あり合わせの材料で、以前ランの支柱に使われていたものを
十文字の桟(棒)に使いました。 竹ひごや木の棒其の他(錆びないもの)を使ってもいいようです。
何たって見様見真似の自己流制作ですから、果たしてこれでいいのかサッパリ分かりません。

蜜蜂の巣箱part2A

蜜蜂の巣箱part2B

当初は重箱5段で作る予定でしたが、1つ重箱を追加し二つの巣箱を作る事に変更しました。
一つフタが出来上がったところで、面倒なので出来た蓋を上下に切り分け二個分に作り変え
当然フタの縁が狭くなりましたが、半分でも5~6㎝幅はあるので見た目は何とかごまかせた。

蜜蜂の巣箱part2C

蜜蜂の巣箱part2D

巣箱の一番下の底板部分をスライド出来るようにしてあります。 底板が何時でも取り外しが
出来るようにして、掃除や点検が (下からも中の様子が覗ける) し易いようにしてみました。
さて、次回はいよいよ完成(*_*; する事になりますが、出来上がりを良かったら見て下さいね。

                          にほんブログ村 花ブログ フルーツ栽培・加工へ
                     最後までご覧戴き感謝します。
                 ポッチンと押して戴けるとさらに嬉しいです。
 
[ 2019/02/15 07:00 ] 付録の話題 | TB(0) | CM(0)